TOP > サンラッキーとは > 企業理念

企業理念

スポーツをつくり、スポーツをひろめる 創設者 吉田正信の「だれもがスポーツに親しみ、豊かで文化的な暮らしを生涯にわたり受ける権利がある」を事業理念として、スポーツの新しい価値とフィールドづくりが始まりました。当初、簡易スポーツ、軽スポーツ、レクリエーションスポーツ等と呼称されてきましたが、70年代後半に入り、ニュースポーツすなわちニュー・コンセプチュアル・スポーツの呼び名が発案され、以後生涯スポーツとともに定着しました。サンラッキーは、5つのE(EASY ENJOY ECOLOGY EVERYONE EDUCATION)をベースに、スポーツ用具の開発、研究に取り組んでいます。

理念の継承と次代への取り組みを新しいロゴマークに託しました。 ロゴ

次代にむけて、地域に根付きながらも時代に添うメディアミックスやデザイン性の向上を指針に加え、愛好者にハートで伝えていく意味を込めてコーポレートロゴを一新しました。
※旧ロゴマークから新ロゴマークへの移行期間のため、旧ロゴマークの商品をご利用いただく場合がございます。

1977年 株式会社設立。代表取締役に吉田正信就任。
ニュースポーツ研究会主宰
1981年 大阪府金剛コロニーでゲートボール用品などを生産。
ひびき作業所でテーブルゲーム用品など生産。
東大阪工場を増設・柏原工場を竣工
1982年 知的障害者作業施設 株式会社フィットネス設立
1987年 イベント会社・株式会社ゲートウェイサービスと
企画推進の現NPO法人フレンドリー情報センター設立
1988年 ねんりんピックニュースポーツ全国調査受託
(兵庫県)ハンドブック制作。
以後、ふれあいニュースポーツを第5回まで企画指導
1991年 ニュースポーツ国際フェア企画、実施(岩手、東京)
1993年 スポーツ・フォア・オール国際フェアの企画、運営に参画
1997年 通産省(現経済産業省)NEDOより
開発助成金対象企業に指定
2001年 第13回世界移植者スポーツ神戸大会をプロデュース
2003年 カナダ・オムニキン社に資本参加
弊社は、(社)日本スポーツ用品工業協会会員、日本卓球用品公認工業会会員、日本ゲートボール認定用品工業会会員です。